9月 03 2014

貯金戦士

Published by under 未分類

私たちは、であったときはお互い、ぜんぜんお金がなかった。ぜんぜんなかった。かろうじて仕送りをもらっていたので、なんとか生活が成り立ったぐらい。よかった。それから、あろうことか、彼が350万の借金をつくった。もともとあった100万の借金のほかに、250万円もの借金を作ったのだ。でもそれも、3年で返した。であってもうすぐ4年。4年で、350万プラス200万円なので、550万円だ。一年当たり、114万円。そんなものだろうか?借金を返しているのは実質3年ぐらいなので、ひとりあたま100万円はためているとおもったのだけれど。どちらにせよ、節約生活をなれてしまっている。私はおこづかいが0円。彼はたまにフィギアを勝ったりしている。私はそれすらないので、最近は、内緒でピザを頼んでいる。ケータイ払いで。親もちなのだ。えへん。ぴざはおいしい。黙って食べるピザは格段においしい。でも、ふたりでたべたほうが、思い出にも残るし、おいしいのだと気がついた。だって楽しみなんだもん。9月も、5日の日にサッカーがあるので、そのときにまた食べようねって約束した。ギガミートにコカコーラだ。おいしい。4000円ぐらいするのだけれど、いい思い出になる。ケータイ払いじゃなければ食べれないや。
全身脱毛ランキング

コメントは受け付けていません。

8月 08 2014

夏になるとかき氷が食べたい

Published by under 未分類

私は夏に食べるものとして、かき氷をいつも食べることにしています。そしてそれは、美味しいかき氷を食べることにしているのです。最近では、かき氷の氷は、粗めのモノが多いので、私が美味しいと思っているかき氷に、出会うことができていませんでした。
それは、私が小さいときに食べていた、キメの細かい氷でできた、かき氷のことです。それを食べると、キメが細かいので、口の中にいれた瞬間に溶けてしまうのです。そのような口の中にいれた瞬間に、溶けるようなかき氷を食べたいと思っています。
またそのような氷を作成することができるのは、大きな機械が必要と思っています。昔は、かき氷専用の大きな機械があって、そこに大きな氷をおいて、順番に削ると、キメの細かい氷を作ることができていました。
そのことから、そのような氷と、機械が必要と思っています。
たまに田舎にいくと、そのようなかき氷に出会うことができます。その時、とても感動をするのです。そしてその地域の人たちは、そのキメの細かいかき氷を食べることができる幸せを、感じ取って欲しいと思っています。
そして、そのような美味しいかき氷を食べることができるところが、もっと増えて欲しいと思っています。
ミュゼ

http://xn--nck3a5frawj5hb4f6593cfzta.pw/

コメントは受け付けていません。

5月 10 2014

最近のウォーターサーバーについて

Published by under 未分類

無性に日清のカップヌードルが食べたくなり、買いに行きました。 Continue Reading »

コメントは受け付けていません。

4月 24 2014

いらないものは処分する

Published by under 未分類

私は何世帯かが集まった小さいアパートに住んでいます。
ごく普通の部屋だと思っていますが、友達のマンションやアパートに行くと私のアパートと決定的に違うところが目につきます。
その違いとは、共用部分の駐輪場があまりにも狭く、止められないことも理由かもしれませんが、大家さんのご厚意で部屋の前あたりに自転車やバイクを止めてもよいことです。

私も自転車をチェーンがけして止めており、買い物などの時に使っています。
まわりではお互い様という感じで日常風景の1コマになっています。
そんなところですからオートロックもなく、何かしらの勧誘がノックをしたり、誰もが部屋の前までくるようなところです。

ある日のことです。
帰ってくると部屋のドアに何かが挟まっていました。
宅配の不在票かなと思って取ってみると、不要品を片付けますと書かれた業者さんの広告用のチラシでした。
こういうチラシやビラは誰宛と言うわけではなく、無作為に集合ポストにも入るようなもので、集合住宅に住んでいる人にはおなじみ、また入っているよとうんざりしてゴミ箱に行くようなものだと思います。

ところがです。
広告は不特定多数宛ではなく明らかに自分へのメッセージだったのです。
チラシにはピンク色の蛍光色の付箋が貼られており、付箋には太い赤字で「自転車!!」と書かれていました。
よく見ると隣の部屋には「バイク!!」と書かれた付箋付きチラシがあります。
他の部屋にも何かしらの手書きメッセージを添えてチラシが挟まっているようでした。

自転車やバイクが不要だけど、自分で処分できないから部屋の前においてるんでしょ。
と言わんばかりです。
乗れない自転車やバイクならともかく、使っている人がほとんどのアパートで、みんな不要なんでしょとレッテルを貼られてしまいました。

必要なものを勝手に捨てようとする親のようなハガキに、アパートの人達はびっくりして怒っていると思います。
業者さんはよかれと思ってわざわざ手書きメッセージを書いたつもりかもしれませんが、完全に裏目に出たのではないでしょうか。
過ぎたるは及ばざるがごとし。
ただの不要品のチラシでとめておけばよかったのにと思います。
weddinggarden.mobi

コメントは受け付けていません。